」カテゴリーアーカイブ

減量への最初の3ステップ:最適な腸内環境パート1

私は夫の BMI( 体格指数) を計算し、彼が「高度肥満」に非常に近いことを発見して以来、たくさんの種類のダイエット本を読みはじめました。実際、これらの本はすべて私のものではなく、ほとんどは私の夫のものでした。これだけたくさんのダイエット本を夫が持っていたことに大変驚きました(ただいま、我が家のリビングルームにはダイエット本の高い山があります)! さまざまなダイエット方法を比較検討しているうちに、いくつか減量に効果的と思われる方法に出くわしました。私は、どの方法が私たちのライフスタイルに合い、新しい食習慣をどの様に適応させていこうかと考えているところです。それにしても、すべての必要な情報を収集し、彼のための食事計画を作ることは非常に時間がかかることです。 だからと言って、 ダイエットの計画すべてが完成するまで何もせずに待つべきではありません 。そこで、 少しでも早く彼のライフスタイルを改善できないかと考えました。 私たちはこのように始めてみました: 減少への最初の3ステップ : 最適な腸内環境 たくさん水を飲む – これは減量だけに限らず、全体的な健康のために有効です。それに、たくさん水を飲むことは低コストで簡単に始められます。各食事の1時間前に1杯の水を飲むことで 満腹感 を与え 、 過食を 防ぐ ことができ ます。また、水の摂取量を増やすことは排泄を促進することにもつながります (水について) 。私の夫は 一日を通してたくさん水を飲む事に対して抵抗がなかったようなので、早速実行してみました。   砂糖をカット – あるお客様は、「ゼロシュガーダイエット」を実行して以来、毎週2ポンド(約1キロ)ずつ体重が減ったと教えてくれました。彼は非常に痩せているように見えるのですが 、最も危険な タイプの 腹部脂肪を取り除くことがなかなかできなかったと言っていました 。彼はこの本を勧めてくれましたが、私はすでにたくさんのダイエット本が手元にあるので購入しないことにしました。そこで、このダイエットの基本的なアイデアだけを取り入れて、白い砂糖をすべてカットすることにしました。 私の夫は 甘いものに目がないのですが、このステップ に従うことに同意 してくれました。始めてからの数日間は解毒による頭痛を経験し、多少つらい思いをしました。白い砂糖を摂取することは身体に害を与えるだけなので、食生活から除外してください。   運動量を増やす – 私の夫は読書好きなので、長時間同じ姿勢で座っていることが多いです。そこで、私は彼に身体をもっと動かすように勧めました。30分間座っていたら、その後は簡単な運動を5分間します。例えば階段を走って上り下りしたり、ジャンプをしたり、腕立て伏せや腹筋などをすることができます。簡単にでき、少しずつ積み重ねられていきます。あなた は わざわざジムのメンバー になる必要はありません。 1日を通して、もっと意識的に身体を動かすようにしてください。そうすることでカロリーの消費を促し、さらにエネルギーが得られます。   店頭には多くの減量サプリメントや高価な運動器具が出回っています。それらはすべて聞こえがいいです(実際の効き目以上に聞こえがいい場合が多い!)。消費者は皆 、簡単に効き目が現そうなものを選ぼうとします。 私たちはあえて簡単で低コスト( コスト ゼロ!)なものから始めてみようと決めました 。最も重要なのは、一時的な減量を試みるだけでなく、ライフスタイルの改善をすることだと思います。 私は、これらの簡単な3ステップが長期的に病気の予防になると信じています。  … 続きを読む »

消化を促進!フルーツウォーター

先日一緒に仕事をした若い女の子イライザは、新鮮な果物がたくさん入ったフルーツウォーターボトルを持っていました。 彼女によると、果物の風味がある水を飲むことで、実際には食べていないのに満腹感が得られることを期待しているとのことでした。同僚ジャネットはそれに対し、満腹感を得るためにはむしろ果物を食べたい!と主張しました。 最近では多くのフルーツウォーターボトルが出回っていて、さまざまな理由で自分の好きな果物風味の水を作ることが流行っています。主な理由は、体重減量、デトックス、免疫システムを強化、水分補給と体内をアルカリ性にする、エネルギーを高める、息をフレッシュにする、そして消化を促進するなどです。   消化を促進する働きのある果物や野菜 以下のものを組み合わせて、お好みの“消化を助けるフルーツウォーター”を作ってみてください。 レモンは、健康に大変多くの利点をもたらします。例えば、肝臓を浄化、体内のpHバランスを保つ、消化酵素を作成することを助ける、便秘の緩和、および消化器の健康を向上させることができます。私は、インフューズウォーターには必ずレモンを使用することをお勧めします。 リンゴは、大腸内の善玉菌を増やすのに役立ちます。 キュウリは、多くの水分と繊維を含み、健康な腸の動きを促進します。 ミントは、胃の不調を回復する効果があり、消化剤として使用されます。 オレンジは、便秘を緩和し、癌の予防に役立ちます。 ショウガは、腹部の痛み、ガス、膨満感や消化不良のような典型的な消化器の不快を緩和することで知られています。また、炎症を緩和する効果にも優れています。 そこで、私は3日間で3種類の組み合わせを試してみました。前の晩に果物や野菜をスライスし、フィルター水をアルカリ化したもの(ブログ“身体にいい飲料水とは?”をご参考ください)を大きめのガラス容器に入れます。冷蔵庫に一晩おくことで、水の中に自然の風味と栄養素が抽出されます。 1日目 レモンのみ さっぱりして家族全員気に入りました。シンプルでおいしいです。 2日目 レモンとキュウリ これは変わっていました!レモンがキュウリの味を軽減するかと思っていましたが、キュウリの味が強かったです。とてもさっぱりした爽やかな味です。 3日目 レモンとジンジャー これが一番人気でした!ショウガの風味がほんのりと味わえます。レモンと混合することで飲みやすくなります。 私がこのフルーツウォーターを気に入っている主な理由は、1.とても簡単に作れること、2.味があるので飲みやすい(通常の飲料水では飽きてしまう)3.多面で健康を推進すること、などです。 コップ一杯のレモン入りインヒューズウォーターで一日をスタートしませんか?通常よりも無理なくたくさんの水が飲めることに驚かれることでしょう。水分補給は、健康な腸内環境を保つために最も重要です。お気に入りの“消化を助けるフルーツウォーター” を見つけて、一日を通して楽しみながら水分補給をしてください。この新しい習慣がみなさまの消化に良い影響を与えるでしょう。 みなさまの健康を願って!

カテゴリー:

身体にいい飲料水とは?

大人の身体は、60%が水でできています。日常、私たちは様々な身体機能を満たすために8〜12カップ(2.5リットル)の水を消費しています。暑い日や、運動をしたときにはより多くの水を必要とします。ですから、普段の生活の中で、飲料水を意識的に飲むことが非常に重要になります。 一般的に、約1.5〜2リットルの水を摂取することが推奨されています。せっかくそれだけの量を飲むのですから、良質の水を選ぶことも重要です。それでは、身体にいい飲料水とは何でしょうか?そして、それを有効にする飲み方はあるのでしょうか? ここで、身体にいい飲料水のための5つの基本的な基準を紹介します。 1.汚染や汚染物質がない水 (錆びたパイプライン、または農業/工業汚染など) 2.微生物がいない水 (藻類、または細菌など) 3.塩素を含まない水 (有毒な成分を殺菌すために添加されている) 4.身体に必要なミネラルを適度に含んでいる水(カルシウムとマグネシウムのバランスが良い) 5.アルカリ性の水 (pHが7.0以上) 個人的に、私のキッチンでは蛇口に取り付けるフィルターシステムを使用しています。切り替レバーがあるので、飲料水や調理にはフィルターを通した水を、食器を洗うときにはフィルタリングされていない水を使用することができます。これは、重金属や有害な化学物質を削除するだけでなく、塩素の不快な味や臭いまで取り除きます。しかし、カルシウムやマグネシウムなどの必要なミネラルまでも同時に除去されている可能性もあります。 ある日、私は地元の健康食品店で「アルカリ水スティック」と呼ばれるものを見つけました。水のボトルにこのスティックを入れておく(または30秒かき混ぜる)と飲料水の品質を向上させることができるということです。pHレベルを9まで上げ、さらに健康な身体に不可欠身なミネラルを加えるてくれるそうです。 その後、我が家ではフィルターを通した水をアルカリ水スティックでかき混ぜたものを飲用しています。この場合、身体にいい飲料水のための5つの基準を満たすために二つの手順を実行していることになります。それ以外にも飲料水の品質を向上させる手段はあるでしょう。みなさんはどんな水を飲んでいますか? 身体にいい飲料水を有効にする飲み方は? 先にも述べましたが、健康のためには普段の生活の中で、飲料水を意識的に飲むことが非常に重要になります。あまり水を飲む習慣がない方は、少しずつ始めてください。ここで大切なことは、数回に分けて、適量ずつ(コップ一杯程度)を一日を通して飲むように心がけることです。 私は、朝起きたらすぐに常温水をコップ一杯飲みます。これは私が20年以上続けている習慣です。食べ物を口にする前に、消化器官をゆっくりと活動開始させるのです。また、起きたらすぐに冷水を飲み、排泄を促す方法もありますが、身体を急に冷やしてしまう恐れがあります。常温水を朝食前に一杯飲むことで、定期的な排泄を促す作用は充分あるでしょう。 更に、食事と一緒に多くの水(特に冷水)を飲むことはお勧めしません。消化プロセスを遅らせるだけでなく、完全にシャットダウンしてしまう恐れがあるからです。室温水をコップ一杯だけ用意し、必要であれば少しずつ飲む程度にしておくことが最適でしょう。 また、各食事の1時間前に水を飲むことも推奨されてます。水だけなら消化器官を通過するのは約30分程度と言われているので、消化プロセスを妨げません。 さらには、空腹感を和らげるので過食を防ぐことにもなります。 これからは、気に入った水のボトルをどこにでも持参してみてはいかがでしょうか。健康な腸内環境のためはもちろん、身体全体の調子を整えるためにも1日を通して水を飲む習慣をつけましょう。 みなさまの健康を願って!

カテゴリー: