炎症性腸疾患にお勧めのサプリメント

投稿者: | 3月 13, 2017

私がこのウェブサイトを始めたきっかけは、炎症性腸疾患(inflammatory bowel diseases (IBD))を理解し、特にクローン病や潰瘍性大腸炎を患っている人々を支援できたらという希望からでした。日本に住んでいる私の兄は数年前に潰瘍性大腸炎と診断されました(詳細はMy Storyをご覧ください)。

現在、私の住んでいるカナダでは、20万人を超える人々がこれらの病気に苦しんでいます。そして私はそのサポート組織であるCrohn’s and Colitis Canada(カナダクローン病および潰瘍性大腸炎)を支持しています。

クローン病および潰瘍性大腸炎の症状は、炎症の程度や位置によって異なります。一般的には、腸内壁の損傷により栄養素の吸収が妨げられることによる栄養不足があげられます。そのため、IBD患者には高品質のマルチビタミンやミネラルサプリメントをお勧めします。
IBD患者に不足しがちな栄養素は、

ビタミン:A、B12、C、D、E、K、および葉酸塩
ミネラル:カルシウム、銅、マグネシウム、セレン、亜鉛

食物からの栄養素のほとんどが小腸で吸収されるため、腸内に損傷のあるIBD患者は栄養不足になりがちです。その予防のために特別な注意を払う必要があります。マルチビタミンやミネラルサプリメントで必須栄養素を補うことは健康維持に欠かせません。

さらに、胃腸管内に多大な損傷がある場合はビタミンB12を吸収することができない可能性が高くなります。この場合、舌下に入れて溶かす錠剤、または注射が効果的になります。

また、抗酸化物質(アンチオキシダント)を加えることは、炎症によって引き起こされるフリーラジカルを減少させるために有効です。緑茶は消化を助けると同時に抗酸化物質でもあります。カナダではグリーンティーサプリメントが流行っていますが、サプリメントを取るか、おいしいお茶として楽しむかはお好みです(私は後者の方が好きです)。




私の提案する、適切なサプリメントの選び方は以下の通りです。

  • 必ず“マルチビタミン/ミネラル”を選択してください(一部のサプリメントはビタミンのみ、またはミネラルのみですので、両方とも含むものが好ましいです)。
  • 薬物相互作用に注意してください(いくつかのマルチビタミン/ミネラルは、血液に関与する薬物、抗生物質、および他の薬物との相互作用が合わない場合があります)。
  • 好みの服用しやすい形体(錠剤、カプセル、ソフトジェル、グミ、液体)を選択してください。
  • 1日に何回服用したいですか? (1日1回、2回、または3回)
  • 鉄分は必要ですか? (医師が推奨する場合のみ、そうでない場合は必要ないと考えます)
  • ニーズ、性別、年齢などに合っていますか? (出生前、子供、性別、活動レベル、年齢)
  • マルチビタミン/ミネラルに抗酸化物質が含まれているものをお勧めします(すでに含まれているものの方が、経済的です)。

 

私の前回のブログでも述べましたが、オメガ3脂肪酸の摂取量を増やすことも、IBD患者に推奨されるべき重要事項の1つです。健康的な食事を心掛けると同時に、ビタミンやミネラルの必要性を再確認してください。良質のオメガ3と抗酸化物質を含む高品質のマルチビタミン/ミネラルサプリメントを毎日の食生活にプラスすることが、全体的な健康向上につながることでしょう。

 

みなさまの健康を願って!




参考文献:
The Canadian Encyclopedia of Natural Medicine by Sherry Torkos, BSc Phm 2013

An A-Z Woman’s Guide to Vibrant Health by Lorna R. Vanderhaeghe, MS 2013

CanPrev  www.canprev.ca

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です