優れた消化補助食品、アップルサイダーヴィネガー

投稿者: | 11月 10, 2016

私の夫は最近げっぷとともに、頑固な胸やけに悩まされています。彼は胃酸過多のために市販の制酸剤薬を服用して症状を改善しようとします。それは彼がどんな体調不良でも必ず薬を服用するという、薬に依存している家族の中で育ったからでしょう。そのため、彼は頭痛薬は必ず持ち歩いているようです。そんな彼の両親は、腹痛、吐き気のようないくつかの消化器の不快感を改善するためにはスプライトやジンジャーエールなどの炭酸飲料を飲むように促します(日本では聞かないことなので、最初は戸惑いました)!

彼の胸焼けの原因は以下のように考えられます。
•食品の選択 :特定の食品を食べた後(特にトマトソースや辛い食べ物)に胸やけ
•加齢による消化酵素の欠如: 若い頃は問題なく食べられたものでも今は胸やけ
•十分に噛んでいない:速く食べる傾向がある
•太りすぎ:最近体重が増えてきた
•食べる量:通常満腹まで食べる




それでは、どのように改善していったらよいのでしょうか。よく噛んで、食べ過ぎないように心掛け、刺激物をなるべく避け、体重を減らすようにすることから始まるでしょう。
更に、健康食品店にはたくさんの種類の消化剤サプリメントがあります。しかし、それらは高価でありながら、必ずしも症状を緩和できるとも限りません。それでは、高価なサプリメントなしで彼の不快感を軽減することはでないのでしょうか。

そこで私は、アップルサイダーヴィネガーを使って胃酸を増加させることによって、消化を向上させることができると聞いたのを思い出しました。私たちは胃酸過多が胸焼けの原因だと考えがちですが、それは逆の可能性もあるのです。胸焼けは不十分な胃酸、または低胃酸によっても発生するのです。
私が健康食品店で見つけたアップルサイダーヴィネガーは低温殺菌していないリンゴ酢です。この食品は二重の発酵過程を経ているため、生きた酵素と有益な善玉菌腸が豊富に含まれています。なんと素晴らしい事でしょう!




アップルサイダーヴィネガーのいくつかの健康上の利点は以下のとおりです。
•風邪:伝統的に、1カップの水に大さじ2のリンゴ酢を1日3回服用
•消化援助:伝統的に、285mg錠剤を食事と一緒に服用
•高血圧:伝統的に、朝、小さじ2のリンゴ酢をグラス1の水に混ぜて飲用
•食中毒:大さじ2のリンゴ酢をグラス1の水に混ぜて飲用(逸話)
•減量:伝統的に、約大さじ1のリンゴ酢と小さじ1の蜂蜜をお湯に溶かして各食事の前に飲用

医師ジョン・ガブリエルは、「デトックスライフスタイル」の一環として、一日の始まりにアップルサイダーヴィネガー水やレモン水をコップ一杯飲むことを示唆しています。

簡単で安価なこの方法で私の夫の胸やけの不快感を解消できたらと考えています。早速、朝一番に小さじ1アップルサイダーヴィネガーをレモン水に混ぜて飲み始めました。それから、胸やけを防止するために食事の15-20分前にアップルサイダーヴィネガー水を飲みます(特に大きな食事の前)。症状が改善するかどうかを確認するために2週間継続してみることにしました。
アップルサイダーヴィネガーは必ず水で薄めてから飲用することを覚えておいてください。原液のまま使用すると、歯のエナメル質を損傷する恐れがあるのと共に、口の内側やのどの組織に悪影響を及ぼす可能性があるからです。また、薬を常用している場合は専門医の指示に従ってアップルサイダーヴィネガーを食事に取り入れることをお勧めします。

 

みなさまの健康を願って!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です