ヒマラヤピンクソルトは海の塩より身体にいいですか?

投稿者: | 7月 3, 2016

最近、カナダではヒマラヤピンクソルトが流行っています。健康食品売り場では必ずと言っていいほど、このピンク色の塩がいかにも“健康のために”というように、さまざまなサイズで店頭に並んでいます。私の働いている店では、「ヒマラヤソルトクッキングプレート」という大きくて重いプレートが売られています。このプレートを熱してその上で肉や魚を調理すると、おいしい風味が味わえるとのことです。更にはこのピンクの塩から作られたショットグラスでテキーラを楽しむことができる「ソルトテキーラシューターズ」まであります!

とにかくカナダではこのヒマラヤピンクソルトが注目の的となっています(日本ではどうでしょうか?)。以前は「海の塩」が食卓塩よりも自然に近くて健康的だとされ、一般的に家庭で使われるようになり、更には多くの食品に使用されるようになりました(健康的なイメージを強調するために「海の塩使用」と表示されているものをよく見かけます)。

それでは、ヒマラヤピンクソルトは海の塩よりも本当に健康的なのでしょうか?




 

このピンク色の塩は身体にいいとされ、たくさんの利点が挙げられています。例えばミネラル豊富、血圧を下げる効果がある、呼吸器系をサポートする、体内のpH値のバランスを整える、筋肉のけいれんを防ぐ、骨を強化、腸内での栄養吸収を促すなどと言われています。大変聞こえがいいですね。ですが、はたしてそれらの効果をヒマラヤピンクソルトに頼る必要があるのでしょうか?それともこの商品の“珍しさ”と“新しさ”で、効果よりも評判が独り歩きしてしまっているのかもしれません。

1.高血圧や心血管疾患などを回避するために、ナトリウム摂取量は1日2g未満(2000mg)に制限することが推奨されています。一日あたりの塩の摂取量は約5g(およそ小さじ1)で十分ということです。一般的に、その塩摂取量の半分以上はすでに私たちの食べ物に含まれてしまっていると言われています。

そこでの比較をしてみました:

小さじ¼の海の塩(1.2g)にナトリウム500mg含有 (一日の推奨値の21%)

小さじ¼のヒマラヤピンクソルト(1g)にナトリウム420mg含有 (一日の推奨値の18%)

このように、ピンクの塩は海の塩に比べて軽く、ナトリウム含有量も少ないことが分かります。それはピンクの塩は海の塩より大きい結晶構造をしているため、粒子間により多くの空気が含まれているからです。その結果、同量の塩を使用した場合、ピンク色の塩の方が海の塩よりもナトリウムが少ないということです。これは利点です。




 

2.それでは、ヒマラヤピンクソルトには、私たちの健康のためにどれだけの栄養素が含まれているのでしょうか?このピンクの塩には必須ミネラル(マグネシウム、カルシウム、カリウムなど…)が含まれています。ですが、それらの栄養素が私たちの体内に不足している場合はあまりないのです。なぜかというと、普段の食事の中の穀物、野菜、肉などでそれらの栄養素は十分に補われているからです。バランスのとれた食事をしていれば、このピンクの塩から栄養を補給する必要はないのです。健康に有益と過大評価されているのかもしれません。

3.ヒマラヤピンクソルトは海の塩よりも自然に近いですか?このピンク色の塩はしばしば「地球上で発見される最も純粋な塩」と呼ばれています。この塩は山から採掘されているのですが、実際は海の塩なのです。大昔、結晶化した大量の海の塩は溶岩で覆われ、非常に長い年月環境汚染から保護されてきました。そして、この塩は山から手で採掘され、昨今ではさまざまな理由で大変人気があるのです。こうして、希少価値と手間がかかっていることから(評判も手伝って?)海の塩よりもピンクの塩は高価です。

さらに、食卓塩には基本的な身体機能のために重要な栄養素であるヨウ素が人工的に添加されています。天然の塩はヨウ素を豊富に含んでいるので、人工的に添加する必要はありません。 ピンクの塩も海の塩も同じ天然のものなのどだとしたら、わざわざ高価なものを選ぶ必要はありますか?

私の意見では、ヒマラヤピンクソルトは海の塩よりもとりわけて健康にいいとは思いません。“珍しさ”と“新しさ”で人気を得ただけでしょう。普段使っている海の塩をピンクの塩に切り替えることより、塩分の消費を少なくすることに努めた方が有益だと思います。より多く塩分を消費すれば、より多くの水分が体内に溜まります。その過剰な水分を体内で循環し処理するために心臓に負担がかかります。この悪循環は、血圧を上昇させることだけでなく、適切な消化プロセスを妨げることにもなるのです。

みなさまの健康を願って!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です