プロバイオティクスとは?

投稿者: | 4月 26, 2016

プロバイオティクスとは何かご存知ですか?健康な腸内環境のためにどれだけ重要なのでしょうか?

プロバイオティクスは、自然に腸内で発生した細菌に類似した、生きた微生物です。これらの「良い」細菌(善玉菌)を、体外から摂取する事で腸内環境に良い影響をもたらします。
クローン病と潰瘍性大腸炎は、炎症性腸疾患(IBD)の二つの主な形態で、胃腸管の粘膜に炎症がおこり、食べ物の消化や栄養の吸収、廃棄物の排除などに悪影響を及ぼします。

それでは、プロバイオティクスはクローン病や潰瘍性大腸炎を助けることができるでしょうか?実際にはプロバイオティクスの真のメリットは、まだ決定的なものではありません。さらなる研究が必要とされます。
しかし、プロバイオティクスは、潰瘍性大腸炎における寛解期の維持のために有用であると思われます。つまり、既に発生している再燃を抑える作用よりも、その「予防」です。
プロバイオティクスを含む食品を摂取するとガスなどの不快感があるかもしれませんが、さほど心配ではないと考えられてます。
プロバイオティクスとして分類される細菌は多種あります。中でも、乳酸菌とビフィズス菌は大腸内の二つの最も重要で有益な細菌です。
一般的に、プロバイオティクスはヨーグルトやサプリメントに含まれています。それ以外にもいくつかの自然食品があり、共通点は「発酵」の過程でプロバイオティクスが生まれるという事です。





1.ヨーグルト
プロバイオティクスを代表する食品のひとつです。購入する際は成分リストを読み、ラベルに「生きた乳酸菌やビフィズス菌」が含まれている事を確認してください。実際に店頭にある商品のなかには、砂糖(または人工甘味料)、香料、着色料が含まれているものが多く、プロバイオティクスが全く含まれていない場合もありますのでご注意ください。

2.ケフィア
この「ヨーグルト飲料」はヤギ、ウシ、またはヒツジのミルクと発酵ケフィア粒のユニークなブレンドです。乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれているだけでなく、抗酸化物質が豊富であるとしてカナダでは大変人気があります。今日では健康食品店だけでなく、地元のスーパーマーケットで見つけることができます。

3.サワークラウト
サワークラウトは発酵キャベツ(時には他の野菜と共に)から作られます。新鮮なキャベツは塩水で発酵する際にプロバイオティクス細菌が産生されます。この少し酸味のある発酵野菜は、ビタミンB、A、E、Cも豊富に含まれています。

4.みそ
カナダでも最近は馴染みのあるみそは、発酵大豆から作られた日本代表の調味料です。一般的にみそ汁は消化を正常にする働きがあるとされています。我が家では野菜のディップにみそを使います。みそとマヨネーズを同量、またはマヨネーズを多めにして混ぜるだけ。子供たちはこの簡単ディップ「みそマヨ」が大好きで、これと野菜をたくさん食べます。

5.キムチ
キムチは、発酵白菜から作られている韓国の代表的な食品です。カナダでも最近はスーパーマーケットで見かける事もあります。スパイスが大量に含まれ、刺激物にあたりますので、ほどほどをお勧めします。

上記のリストは、簡単に毎日の食事に追加することができる、食品プロバイオティクスのいくつかの例です。意識的に新鮮で良質な食品を選択し、適当な量を適度に摂取する事をお勧めします。身体に良い食品を多量に摂取する事は、必ずしも有益ではありません。私は「バランスのとれたダイエット」が健康への鍵であると信じています。

みなさまの健康を願って!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です